僕の好きなNo2~保科正之〜

  • 2019.04.06 Saturday
  • 23:28

僕の好きなNo2~保科正之〜
太平の江戸時代を築き上げ、徳川3〜4代将軍から最も信頼された無私の人。会津藩を作った人


3代将軍家光の異母兄弟で、育てたのは、武田信玄の娘。
 

徳川家康に仕えた武田遺臣は900以上あったが、
主家武田信玄の娘へ最後まで挨拶に来ていたが、信州高遠の殿様、保科正光

其の誠実で律儀な性格を買い、保科正之を義子して預けた。


(将軍一族は、松平を名乗る。保科正之は義父への感謝から、将軍から松平を名乗れと言われても、断わり、保科のままでいた)

 

立派な高遠の殿様になり、兄、家光から信頼され、4代将軍の後見人となる。

 

江戸が大火になった時は、息子の死よりも、将軍家、民のことを優先した。


お金のかかる江戸城の天守閣は再建せず、

庶民のためにお金を使い、火消制度を作り、玉川上水を掘らせた。

 

自身が治める会津藩においては、民に優しい政治を心がけ、
病人に対する医療制度と、
90歳以上の人に米を与えるという、日本初の年金制度を作っている。


(本当は日本福祉制度の父と言われてもいいはずだが、薩長主体の明治政府以降では最も嫌われる会津藩の殿様にであるから、しょうがないのか、、、、歴史は勝者のものでもあるから。)

 

天下の加賀藩の一番の名君と言われる5代前田綱紀は義父保科正之からいろんなことを学び、加賀藩の平和と繁栄を築いた。

 

将軍家あっての会津藩、3代将軍兄家光の遺命を守り続けた。


その強烈なまでの思い、
かっこいい生き方を教えてくれる人です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM