悩めるナンバー2に送る僕のナンバー2時代の想い

  • 2018.08.12 Sunday
  • 09:59

悩めるナンバー2に送る僕のナンバー2時代の想い

組織のトップとナンバー2であるあなたの器以上の人材は集まらないし、

器以上の素晴らしいビジネスアイディアを実行することもできません。

 

そんなものです。

 

だから、まずは!

今いる人材でできること、今やっていることと向き合うことが大事だと思います。

 

フォローワーシップを発揮するものだけが次のリーダーになれるんです。


だから、NO2はトップに敬意を持って、サポートする。

ナンバー2であるあなたは、まずトップと向き合いましょう。


トップに理念、夢をブレずに語ってもらい、
その実現のための作戦、行動の権限をしっかりともらいましょう。

 

(もし、トップの理念、夢について行く価値がないと思ったら離れましょう。)

で、
一歩ずつ進むといいんです^^

いつの時代だって、誰だって、
隣は輝いて見えるものです。

 

失敗したっていいよ。ピンチってチャンスにあるし、
僕らまだまだ旅の途中だから〜

 

夕張時代にトップ村上先生のナンバー2だった時に、
だいたいこんなことを思い、考え、行動していました^^

nagamori

(写真は一緒に講演に向かった時の村上先生と)

画像に含まれている可能性があるもの:飛行機

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM