南房総で暮らし、新宿で働く。

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 16:57

目の前のことをゆるく〜楽しく〜という感覚は、僕と最も近い人、
永森昌志くん=弟くんです。
『南房総で暮らし、新宿で働く。シェアオフィス「HAPON」・永森昌志氏が語るデュアルライフのクリエイティビティ』と彼の活動が紹介されました。
でも、都会で横文字を使うととってもカッコよく見えるのが許せない〜^^
でも、気に入ったら、シェアもしてください〜〜^^永森

ー-ーーーーーーーーーーーーー
開放感あふれるオープンスペースの真ん中には日本列島型共有テーブルが置かれ、畳のミーティングスペースでは茶道教室や書道教室が開催されるなど、先進性と日本らしさが融合した独特の雰囲気が人気のシェアオフィス「HAPON新宿」。
その共同創設者である永森昌志氏は、生活の拠点を東京から南房総の“ど田舎”に移し、シェア里山プロジェクト「ヤマナハウス」の運営にも仲間と取り組んでいる。
東京生まれ、東京育ちで、シェアオフィス運営やウェブプロデュースという都会的な仕事をする永森さんが、なぜ南房総へ完全移住し、里山プロジェクトまで始めるに至ったのか。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM