『二人の医師の遺言 ―患者の声に寄り添う医療とは―』 18日20時から〜NHKハートネットTV

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 21:45

『二人の医師の遺言 ―患者の声に寄り添う医療とは―』
18日20時から〜NHKハートネットTV

(25日13時から再放送)
去年5月、2人の著名な医師ががんで亡くなりました。
石川県金沢市で30年以上、大腸がんの治療に当たってきた外科医・西村元一さん(58)。
もう1人は北海道・夕張で地域医療の再生に取り組んできた村上智彦さん(56)。
患者に寄り添う理想の医療を目指してきた医師たちが、突如、がん患者となり、患者の本当の気持ちや不安に寄り添えていなかったと気付きます。
その後、西村さんはがん患者や家族が不安や悩みを吐き出せる「元ちゃんハウス」をオープンさせます。
村上さんは、地域の人が気軽に立ち寄れる「まるごとケアの家」を作ります。どちらも病院や医療では提供しにくい 、患者の本音に寄り添うための新たなケアの“場”。二人の医師は、この“場”にどんな思いを込めたのでしょうか?
番組では、二人の医師が亡くなる1か月前に訪れたという東京・豊洲のがん専門の相談施設「マギーズ東京」を舞台に、
二人の医師が作った場を引き継いだ人たちが集まりました。
がん治療の進化によって、
患者と医療との関わりが変わる端境期にある今、患者はどう病と向き合えばいいのか、ひもときます。


出演者情報

秋山 正子さん(マギーズ東京 センター長)
西村 詠子さん(がんとむきあう会 理事長)
永森 克志さん(ささえるクリニック岩見沢 院長)
河野 多紀さん(フリーアナウンサー)

 

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201801182000

自民党の石破さんが、村上先生の本のことを書いてくれています

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 13:40

自民党の石破さんが、村上先生の本のことを書いてくれています。
嬉しいですね。石破さんを応援しようと思います〜^^

 

石破さん:お休みを頂いた2日、3日は、あまり読書らしい読書もせずに漫然と過ごしてしまったのですが、
やや古くなってしまいましたが

「医療にたかるな」(村上智彦・新潮新書・2013年)を改めて読み返してみて、

新たな気付きを多く得ました。


http://www.huffingtonpost.jp/shigeru-ishi…/2018_a_23332479/…

年末年始など

村上先生のDNAとは^^;

  • 2017.11.30 Thursday
  • 09:49

浩明君‼
こういう所が父に似てますね(笑)

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

藻谷浩介・評 『最強の地域医療』=村上智彦

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 11:04

藻谷浩介・評 『最強の地域医療』=村上智彦
静かに天寿を全うできる社会へ
 評者(藻谷)はこれまで、自分が解説や帯文を提供した本の紹介を自粛してきた。
だが今回に限りこの自主ルールを破る。

薬剤師からスタートし、志して過疎地の医師となった著者は、やがて孤軍奮闘の限界を知り、
岩見沢や旭川を拠点に、
「自分を消去しても動く」
民間組織を構築し、
後進を育てていたからである。
過疎地の高齢者に必要なのは
「キュア(治療)よりも、ケア(介護・療養)と予防医療」だとの信念から、
地域ぐるみで高齢者の生活を支える仕組みを、
社会起業家として追求した後半生だった。
 その実践の数々は、掲題書の三章に具体的に語られている。
悪性のがんとの闘病中に編まれた本であるため、
記述は必ずしも体系的にはなっていないのだが、
ケアと六次産業を組み合わせた十次産業化(六次産業とは何かご不審の方は、ぜひ本書で知っていただきたい)、
運営側のシンプルでフラットな給与・評価体系、
高齢の町医者を若手がITなどでバックアップする「コミュニティドクター化」、
高齢者のニーズに応じて制度に縛られず過不足なきケアを提供する仕組み作りなど、
前向きな知恵に満ちている。
 そんな著者が終始闘ってきた相手は、
「人は(自分も)必ず死ぬ」ということを忘れ、子孫に膨大な借金を残すことを厭(いと)わずに、目先のキュアへの莫大(ばくだい)な公費投入を求め続ける高齢者たちと、その投票によって選ばれ動く自治体関係者、ということになるだろう。
確かに病気は怖いし、それで不慮の死を遂げるのは無念だ。
だが前代未聞の長寿社会・日本で、もっと怖いのは、自分だけでは身の回りの用を足せなくなっても十分にケアされず、おざなりの処置を受けることはあっても誰にも必要とされるわけではなく、自分自身の生を失ったまま死を待つことだ。

「今あらためて生活モデルとは?」

  • 2017.11.02 Thursday
  • 21:32

東尾愛子さんから、
永森先生の元に届きました📖
「今あらためて生活モデルとは?」

30年後の医療の姿を考える会編

 

岡本峰子さんの文章と、

東尾さんのあとがきと、には、
村上先生の名前もありました。

うれしかったです。

 

大切に読ませていただきます。
ありがとうございます😊

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人

自動代替テキストはありません。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM