一点限りです、スーパーも

  • 2018.09.17 Monday
  • 10:30

14日夜に氷を買いにスーパーに寄ると、
日常はまだまだ先かなと再認識し

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

11日コンビニは

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 09:53

 

コンビニはセブンイレブンもセイコーマートもこんな感じ
商品は入るけど、どんどん売れると、
店員さんも忙しい

自動代替テキストはありません。

911誕生日

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 22:03

 

村上 浩明の誕生日

週末は看護師いしざきさんの家で電話当番をずっとしていた。
多少の無理を言っても、サッと動けるのが彼の強み。
あとは自律的に動いていけるか、だなぁ

彼の父親から、浩明をよろしくと言われた言葉を改めて思い出す日です。
もう28歳!
みなさん。よろしく(^ ^)

画像に含まれている可能性があるもの:村上 浩明さん、座ってる、食事、食べ物、室内

「村上智彦追善講演〜ぼくらのまちづくり〜」中止のために僕は、、

  • 2018.09.08 Saturday
  • 20:36

本日9月8日(土)14:00〜TKP札幌駅カンファレンスセンターにて開催を予定しておりました
「村上智彦追善講演〜ぼくらのまちづくり〜」につきましては、

この度の平成30年北海道胆振東部地震の被害の状況、ライフライン・交通機関の状況、また皆さまの安全を考慮し、中止とさせていただきました。
被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、皆様の安全と1日も早い復興をお祈り申し上げます。
停電が続くなか、なるべく多くの方へ中止の連絡を試みましたが、

すべての参加予定の方に連絡を送ることができず、

送ったとしても電波状況からご確認いただけたかどうかが不明であったため、念のため会場に来ています。
2月頃から準備をはじめ、

ここまで多くの方にご協力いただいたことに感謝申し上げるとともに、

講演を楽しみに待っていてくださった皆さまには、改めて深くお詫び申し上げます。

井上

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外

村上智彦 追善講演『ぼくらのまちづくり』で会いましょう〜

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 17:19

村上智彦 追善講演『ぼくらのまちづくり』で会いましょう〜

日時:平成30年9月8日 14:00〜17:00
開場:TKP札幌駅カンファレンスセンター

参加費:3,500円
(Peatixにて申込受付 http://bokuranomachidukuri.peatix.com

14:00〜14:10 発起人挨拶 高橋昌克先生(金沢医科大学)
             永森克志

14:10〜15:20 1部講演 「人生100年時代とごちゃまぜ社会」
雄谷良成先生(社会福祉法人佛子園 理事長)
      座長:一木崇宏
        (まもる会/ホサナファミリークリニック院長)
15:20〜15:30 スピーチ 金谷潤子
15:30〜16:00 2部講演 「ものがたりと街」佐藤伸彦先生
            (医療法人社団ナラティブホーム理事長)
             座長:山田奈緒美、村上浩明
            (医療法人社団ささえる医療研究所)

16:00〜17:00 シンポジウム
       登壇者 雄谷良成先生
           佐藤伸彦先生
           金谷憲明(まもる会会長/札幌麻酔クリニック院長)
           片山展成(NPO法人とものむら理事長)
17:00     閉会挨拶 金谷憲明

共催:NPO法人とものむら、まもる会、医療法人社団ささえる医療研究所
協力:株式会社日本医療企画

 

「幸せなコミュティってどんなとこだろう?」
自己中心的にならず、互譲互助の精神で、 目の前の人たちのために、 小さなコミュニティのために、 ちょっとだけ自己欲求を我慢して、 ちょっと楽しくて汗をかく、働くこと。

でも、僕らの小さなコミュニティのためだから、満足度は高いし、ハッピーになれる。 地域みんなのことまでは考えられなくても、動けなくても、 目の前の人の幸せのためにならちょっと無理して動けるし、 半径5mをハッピーにならできる。それが、ぼくらのパブリック。


まちづくりのトップリーダーである雄谷良成先生、佐藤伸彦先生をお招きして、両先生の思考・実践から幸せなコミュニティが広がっていくことを願います。


村上智彦「日本人の心の中には、もともと『公の精神』が息づいているのだと感じています。 本来勤勉で真面目な国民なのですから、 必ず自分たちの子供や孫に 『この国に生まれてよかった』 と思ってもらえるような素晴らしい社会を作れると私は信じています。『最強の地域医療』とは、 まさに地域住民の愛着、覚悟、ものがたりで支えられる医療やケアのことであり、 専門家や行政が与えてくれるものではありません。 医療やケアを守ることがコミュニティを守るためにも必要であり、それは決して専門的な仕事ではない様に思えます。 それが20年以上、地域医療に取り組んできた私の結論です。」


村上智彦の宝物たちが手をつなぎ、想いを胸に前に進む。

 

あの言葉を力にかえて。


「あなたは間違っていない。だから、このまま続けてください。黙っていても何も変わらない。誰かがやらなきゃいけないんだから。」
 

 

村上智彦はいつもあなたのそばにいます。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM