余白がつくる引き寄せの効果 「まるごとケアの家いわみざわ」

  • 2017.09.24 Sunday
  • 15:25

地域の真ん中にぼんと施設を作って、
地域と繋がろうとするやり方に違和感があります。


その反対のとりくみが、
『まるごとケアの家いわざみわ』です

地域のスタッフが自らお金を出し合い、
自分たちの場を作った。
看護STなど、、その余白にコミュニティスペースを作り、
スタッフが楽しみ、近所の人がゆるくかかわり、つながる感じです。^^

 

詳しくは是非、下記から全文をどうぞ〜〜^^

 

余白がつくる引き寄せの効果 「まるごとケアの家いわみざわ」 - ATTENTION

余白がつくる引き寄せの効果 「まるごとケアの家いわみざわ」です。明日の地域包括ケアを考える医療・介護経営情報 ATTENTION

 

『最強の地域医療』

  • 2017.09.16 Saturday
  • 08:06

『最強の地域医療』:北海道の医学生に一番読まれている医療本らしいです。。

第1章:入院二日で余命三ヶ月の患者になった白血病闘病記。
不要になる病院を患者目線で鋭く分析しているのが面白いです。

 

第2章:
村上先生と彼の家族、なかまとのの物語、
そして、覚悟、愛着を共有できる『ささえる』にたどりつくものがたりです。

 

第3章:いまの”ささえる”のありかたです。
まず141−156ページをさらっと読んでください。
ものがたりくらぶ、まるごとケアの家、まもる会、ケアを組み込んだ地域産業など新しい組織形態なども提案しています。

最強の地域医療ー余命3ヶ月の白血病医師のことばー | ささえる医療とささえる介護

 

 

最強の地域医療ー余命3ヶ月の白血病医師のことばー

  • 2017.09.14 Thursday
  • 13:07

第1章:入院二日で余命三ヶ月の患者になった白血病闘病記。
不要になる病院を患者目線で鋭く分析しているのが面白いです。

 

第2章:
彼と彼の家族の物語、
そして、覚悟、愛着を共有できる『ささえる』にたどりつくものがたりです。

 

第3章:いまの”ささえる”のありかたです。
まず141−156ページをさらっと読んでください。

ものがたりくらぶ、まるごとケアの家、まもる会、ケアを組み込んだ地域産業など新しい組織形態なども提案しています。

 

そして、
共感してくれるかたは、
『最強の地域医療』を一緒に宣伝してください^^。

 

最強の地域医療 (ベスト新書)

最強の地域医療 (ベスト新書)

AMAZON.CO.JP

 

コミュニティを変えていく普遍的な何かがわかる本

  • 2017.09.14 Thursday
  • 10:06

過疎の村をどう活性化させるか

まちとは、家族のようなもの!
批評家はいらない!

行動すること!

意識を変えていくこと!

成功体験の積み重ね!

そして、指示待ちを卒業させる!

亡くなってからの周りの評価が本物!

この本を読んでいて、あたらめて、村上智彦のことを思い出した。

『それは、村上先生にしかできない、せたなだからでき、夕張だからできた、仲間がいたからできた』
などなど、
口だけの人は沢山いる。

 

でも、まずやって、突き進んでいくと、
周りは変わっていき、うまくいき、
本人は逝っても、
みんなの中にいる^^

 

コミュニティを変えていく普遍的な何かが少しわかる本でした。。

 

これも、佐藤伸彦先生のおすすめです^^

(内容紹介
過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ちこんだ“限界集落”の石川県羽咋市の神子原地区を、年間予算60万円で、わずか4年間で立ち直らせた“スーパー公務員”・羽咋市役所職員の高野誠鮮氏。神子原地区の米をローマ法王に献上することでブランド化に成功させる。農家が株主となる直売所を作って、農民に月30万円を超える現金収入をもたらす。空き農家を若者に貸すことでIターンを増やす。アメリカの人工衛星を利用して米の品質を見抜く。『奇跡のりんご』のりんご農家・木村秋則氏と手をむすんで、JAを巻きこんでの自然栽培の農産物つくりを実践し、全国のモデルケースとなるなど、その活躍ぶりは際立っている。本書では同氏が手がけたさまざまな「村おこし」プロジェクトを紹介。これを読むと、仕事のアイディア力が増す、商売繁盛のヒントになる、そしてTPPにも勝つ方法を学ぶこともできる!)

#Amazon

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

 

 

日本農業再生論

  • 2017.09.11 Monday
  • 15:23

佐藤伸彦先生に教えてもらったこの本
木村さんの本は何冊読んでいたけど、
この対談はさらっと読めて、
期待値以上のいい話だった。

 

在宅医療と一緒で、
自然栽培というオプションをもうちょっと日本が持ってもいいんじゃないのかなぁ

 

在宅医療至上主義と自然栽培至上主義は気持ち悪いけど、


在宅とか、自然栽培が地域での
選択肢にも上げれない今はもっと変だよね〜^^!

 

村上先生が言っていた10次産業へと、
僕の考えもまたちょっとシフトすることになった本です。

 

ありがとうございます〜〜〜〜^^

#Amazon

日本農業再生論 「自然栽培」革命で日本は世界一になる!

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM