日本農業再生論

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 13:12

農業については全く知識はありませんが、自然栽培の栄養価の差には驚き💦

資本主義が進み、個々の利益を追求する結果、社会全体の利益は失われる。

いいことを進めるには反感がつきものですね⤵人の意識を変えるって難しい。

そのための政治との付き合い方や産学官連携、そして何より人を巻き込む組織の作り方は業種は違えど勉強になりました。

「途中でやめたら失敗、結果が出るまでやり続けるから成功」、「やってみる精神」。

いつも永森先生から指導を受けていますが自分の課題です😢

井上

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)

『未来を選ぶのは自らの意思である』

  • 2017.11.19 Sunday
  • 11:02

『未来を選ぶのは自らの意思である』

これまでのやり方を変えずにやっていけば、時間に追われ、孤独で、貧困な人生を送る

そうならないための3つのシフト

 

1.出来れば好きなことの中で複数の専門性を持つ

2.他者とのネットワークを作る。やすらぎを感じられる人間関係も含めて

3.所得と消費による満足から脱却する。これでは長続きしない。

 

(ワークシフト)という本から 

 

写真は6年前、1年前。7ヶ月前と、
そして、現在^^そこそこシフト、そこそこハッピー^^

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、空、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:40人、、スマイル、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)、結婚式、室内

画像に含まれている可能性があるもの:8人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

札幌麻酔クリニックの金谷潤子先生のKindle本。

  • 2017.11.18 Saturday
  • 11:29

札幌麻酔クリニックの金谷潤子先生のKindle本。
ものがたりくらぶ出版^^

村上先生との対談と金谷先生のエッセイで構成されています。
100円です〜〜

Amazon 売れ筋ランキング最高: 9位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 医学・薬学
薬を処方する以外にも、例えば家族に朝コップ一杯のお水を飲むように声をかけてもらいましょうとアドバイスをするとか。 
不眠症の方はなぜ眠れないか…。 
周りがうるさい? 
布団の掛物は重たくないか? 
枕の高さが合っていないのかも? 
そんなことを聞いたり時には枕そのものをわざわざ見たりするんですよ。 
気がついたことを次々と聞き出したうえで、その人の健康のために何を工夫したら良いかを全部洗い出す。 
それを一生懸命伝える、教える。 
ベストな状態にもっていくために何が必要で、どんな工夫が必要かを推理したり練るのがすごく好きなんですよね。 
(本文から)

札幌麻酔クリニックの金谷潤子Drとまもる会: 金谷潤子・村上智彦対談

薬を処方する以外にも、例えば家族に朝コップ一杯のお水を飲むように声をかけて&...

AMAZON.CO.JP

 

30年後の医療の姿を考える会の本

  • 2017.11.05 Sunday
  • 14:45

岡本峰子さんが、
村上先生のことと、まるごとケアの家岩見沢のことも書いてくれました(╹◡╹)
ありがとうございます

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

『“まるごとケアの家”』とは?
・この地域に必要なケアを、制度とらわれず提供します
・必要に応じ、さまざまなケアを組み合わせて提供します
・その人の毎日の生活を“当たり前”の感覚で支えます
・この地域で安心して生きるための“共同体の場”です
・「この地域の住民が“自分たち”で地域を守る」ことを支えます
【定義】
医療・看護・介護・その他の社会資源を、
制度の枠組みにとらわれず複合的に組み合わせ、
地域で援助を必要とする者に対して、
日常生活の包括的なケアを適切に提供する事業の総称

『最強の地域医療』

  • 2017.10.30 Monday
  • 22:24

『最強の地域医療』:北海道の医学生に一番読まれている医療本らしいです。。

第1章:入院二日で余命三ヶ月の患者になった白血病闘病記。
不要になる病院を患者目線で鋭く分析しているのが面白いです。

 

第2章:
村上先生と彼の家族、なかまとのの物語、
そして、覚悟、愛着を共有できる『ささえる』にたどりつくものがたりです。

 

第3章:いまの”ささえる”のありかたです。
まず141−156ページをさらっと読んでください。
ものがたりくらぶ、まるごとケアの家、まもる会、ケアを組み込んだ地域産業など新しい組織形態なども提案しています。

最強の地域医療ー余命3ヶ月の白血病医師のことばー | ささえる医療とささえる介護

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM