『目の前からのまちづくり。』

  • 2018.05.26 Saturday
  • 21:20

『目の前からのまちづくり。』
山崎亮さんが語るのは、
マスで見ていくまちつくり
基本はファシリデーター。参加させる。
自分たちにあるべきまちの未来を出させる、
やってみさせる
ただしさより、たのしさ
健康であればいい

山崎さんたちのようにまちづくりでお金をもらえるケースはいいが、
医療介護業がかかわると、ただの奉仕、やる側が楽しくない問題。

 

だから、
僕らは目の前の人が幸せであることをゆっくりと広げる。


ファシリとか、参加されたり、ゴールありきでなく、
目の前の人々のえがおから〜〜〜
気がついたら、小さなコミュニティがまちつくりになっていたね〜
ぐらいでいい。

そういう、緩やかなまちつくりなら、
まず、其のまちに、
愛着があり、覚悟して、互譲互助ならいい、まちを紡ぐことができる
再生すらできる

 

マスでみたまちづくりとは反対の、
目の前の人の笑顔から紡ぐ小さなまちづくり論でした^^

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、片山 展成さん、永森 克志さんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

とものむらファームとは、10次産業への道

  • 2018.05.25 Friday
  • 10:34

『とものむらファームとは』
村上智彦が元気になったら、。
ここの管理人をしたいと言っていた。

 

6次産業どころか、もっと進んだ思想を持っていた。

その彼の夢をみんなで育んでいく、とものむらファーム
昨日は、トラクターで畑を耕し、そばにひまわりを撒いて、


そのあとはみんなで楽しくバーベキュー

 

僕や金谷先生は急患で呼ばれたけど、
みんな、笑顔で楽しい時間でした。


これからもまた、、ゆるく楽しく、農作業とかするか。

作物は鹿とかに全部食べられても、
広い意味での地域貢献か^^笑
それはそれで面白い。
nagamo

ー-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(10次産業の夢)数年前に村上先生が書いたもの、、そのままでアップ

ささえる医療研究所が進めているソーシャルキャピタル・シェアモデルの実例について少し書いてみます。

従来の一次産業、二次産業、三次産業に最近はそれらを足した六次産業という名称があります。
農家〔一次産業〕が作物を自ら販売し、その作物から加工品を作り販売〔二次産業〕、さらにファームレストランを自ら運営していく〔三次産業〕といったものです。

実際に北海道の空知地方にはこの様な店が多数見られます。

味も勿論ですが、食の安全や安心にも考慮した産業だと思いますし、若い方の雇用を守り、人口減少社会にの解決策の一つになると思います。

消滅可能性都市が76%、少子高齢化に人口減少が加速度的に広がる北海道では、なかなかこれだけでは解決は難しいとおもいます。

一番大きい原因は、高度成長病から抜けられない人が多いとい事です。
特に行政や大企業になるほどその傾向にあります。

そこで、こんな言葉は無いのかもしれませんが、四次産業という言葉を作ります。

これは従来の産業に医療やケアを加え、高齢になっても障害を持っても、住み慣れた地域で生きて死んでいける 
aging in place
を具体化した仕組みです。

個人の利益や権利よりコミュニティを最優先にするにが大切なルーツです。
キーワードは 覚悟 愛着 物語 です。
それが無い人はコミュニティに戻る必要すらありません。
何でも平等という悪しき平等は高度成長病で、自ら決めて動く人が多く無いと成り立たないからです。

実際に私達は空知に広大な農地を持つ事になりました。
元々そこでうちの看護師が半農半看護の生活をして、無農薬有機農法で小規模の畑をやって、作物は知り合いに売っていました。

私達が目指しているのは、医療者や農業の専門家が付加価値の高い作物を考えて選び、収入は少なくても良いから、地元の雇用を守り、自分達も楽しんで作り、食べて健康になると言ったイメージです。勿論ですが医療者やケアに関わる人達も農作業に参加します。

私はそんな場所の管理人になるのが一番の目標でした。
事務や経理はバックオフィスを作りSNSを活用し、一括することでバランスをとり経費を節約します。

高齢化した農業地帯に、医療やケアが仲間として入る事で、定年が伸びて、健康寿命が増えて、ねたきりも減り、障害者も安心して働けて、若い世代の雇用も作れると言ったイメージです。この理念だと農業ばかりではなく、他の分野とも広く簡単にコラボできます。

漁師さんや温泉、レストランやパン屋、ケーキ屋さん、大工さん、電気屋さん等等 です。
特にケアは医療とは違い生活そのものなので、他の産業との親和性が高いと思います。

要は地域の埋もれた資源を掘り起こし、地域力を高めるためのモデルです。
これを四次産業と呼んで、従来の六次産業に足すと10次産業になると言うわけです。

高齢化を受け入れ、医療やケアを仲間にして、コミュニティを守る様な取り組みを10次産業と呼ぶわけです。
おそらくこれは行政が主導でやると絶対に失敗するので、民でも官でも無い 公がやる事がもっとも大切です。

ソーシャルキャピタルシェア・モデルとは、人の繋がりを重視したモデルですが、その具体例ではないかと思います。

このモデルは何処でも出来るし、規模も関係ありません。
従来の産業が高齢者した時にも有効だと思います。

医療機関がその地域になくても連携したら良いだけです。
無いと出来ないと言うのは典型的な高度成長病で、覚悟も愛着も物語も足りません。

入院しながら、そんな妄想を膨らます毎日ですが、何とか具体化していきたいです。

医療法人社団 ささえる医療研究所 理事長 村上智彦

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、空、雲、草、木、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、草、植物、子供、空、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然

飯島 惠子さんが岩見沢に来て『客体から、主体へ』

  • 2018.05.24 Thursday
  • 15:48

飯島 惠子さんが岩見沢に来てくれました。
『客体から、主体へ』という飯島さん。

僕らの活動ーまるごとケアの家も、ささえるさんの家も、
飯島さんたちの活動が原点の一つになっています。

 

なんでも、医療保険とか介護保険じゃなく、
官にたよるじゃなく、できることってあるでしょ。

 

でも、ちゃんと、民としては赤字にならない範囲でやる。

 

スタッフにお話をしていただき、
 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

自動代替テキストはありません。

 

 

飯島恵子さんの話に真剣です(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

 

お礼に村上先生が好きだったファームレストランに行きました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、屋外、自然

那須塩原から飯島恵子さん

画像に含まれている可能性があるもの:家、空、屋外、自然

 

『家族もスタッフもベタベタ幸せがいい^^』

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 09:35

『家族もスタッフもベタベタ幸せがいい^^』
六畳一間のような狭いところであんなにベタベタ幸せだった家族が一軒家を買い、距離を置いた
暮らしをするようになり、関係性が崩壊していくこともある。


所有欲求を満たし、つながりが薄くなれば、そりゃ〜家族も崩壊しやすい。


狭いところの方が一緒にいるので幸せ、信頼ホルモンのオキシトシンがでやすい。

外国ではスローライフの提唱者が、1日一回は家族で食事、家族の時間を持つように進めているように、
幸せな住まい、家族のあり方を考えることが重要だ。

 

モノカネを自分だけのモノにしたいという所有欲求よりも、
つながりの存在欲求を大事にしていくこと。

 

これは個よりもコミュニティを優先すると、
生活が、コミュニティがうまくいくとも言える。

 

それは住居、家族を離れ、
仕事場、スタッフ間にも応用できる考えだ。

 

だから、僕は機能的でスタイリッシュな仕事場に違和感を持っているし、
個を確立して仕事したいというスタッフにも違和感を持っている。
(そういう職場、スタッフへの憧れもあるけど、、)

 

家族は狭苦しいところでベタベタイチャイチャし、
仕事仲間は小汚いところでワイワイウダウダしていると、
割と幸せなんだと思う。

nagamo

(宮脇檀さんの『日曜日の住居学』 を読み直して、思った)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ

画像に含まれている可能性があるもの:2人、博田 彩奈さんを含む、室内

画像に含まれている可能性があるもの:11人、、櫻井 沙織さん、計良亜矢さん、富田 紗也子さん、牛尾絵梨奈さん、Namiko Miuraさん、牛尾和幸さんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)

いいマネージャーとは

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 10:29

ぼくは、いつも村上先生の尻拭いばっかりしてきた・・・
なんて、思ったこともあった

 

いつだって、彼はぼくにチャンスをくれていたんだと今は思う

そして、見守ってくれていた

 

今も、見守ってくれているんだね、みんなを。
彼はいいマネージャーだ。nagamori
ーーーーーーーーーーー〜

いいマネージャーとは:

気分のよい部下はよい結果を生む
部下が仕事をうまくやってるところを見つけろ
部下が潜在力を発揮するように力を貸せ
目標が行動を促し、成果が行動を持続させる

(この写真は数年前、ある患者のところで撮ったもの)

自動代替テキストはありません。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM