村上智彦からのメッセージ

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 09:56

 

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル

 

 

 

Presenter/永森克志 医師)
自分は10年間村上と一緒にいた弟のような存在でした。
辛いので今回の講演は断ろうと思っていたが、

西村先生の本を読んで「つながりつながることの意味」を大好きな西村先生が教えてくれたので、

本日ここに来ました。


▶︎村上「消えていくものを大切にしない地域に愛着はわかない。」

▶︎村上「住民がやらなければ地域は変わらない。」

■夕張という町の限界を感じわかったこと
・覚悟
・愛着
・ものがたり

がない。

 

■滅びない良い地域にはたくさんの若い宝(人材)が眠っているそれを発掘し活かす仕組みを作ろう!

▶︎宝は地域のおばちゃん、お姉ちゃん

■仲間がどんどん増えていく
▶︎若い人材を大事にしていた
▶︎みんなと話すのが大好きだった


片山君 知り合って40年目のハグ

不思議に体のだるさや息苦しさが消えました 病気を公表

「色々考えると 気が滅入るのですが ステーションを立ち上げたり今まで出会った仲間のおかげです。」

「みんなと仕事がしたいです。なんとか移植まで持っていきたいです。」

■復活する!みんなが力をくれたから

▶︎退院のお祝いしたり そばにいてくれる村上のたからもの達 若いスタッフの方達

▶︎訪問出発時のお見送りはささえるの恒例

■「パーティしよう。」
快気祝いだったが、村山と奥様へのサプライズ結婚式
サプライズを準備してくれてたのは村上のたからもの達 

お金では買えない 俺はベンツ乗れなくてもいい
 

■やりたいことはやれた
YouTubeバーになりたい ささえるTV で検索して、ぜひごらんください

 

■村上先生からのメッセージ
「赤の他人なのにこんなにしてもらって」橋本先生へ感謝を伝えていた。

「地域や次の世代のために働いて来たので 残せるのは、人材や仕組み以外に無いので、ごめんなさい。」と家族へ

「最後に会えるとか会えないとか、関係ないってそんなの。」

葬儀の後まるごとケアの家に村上が寄ると みんなが集まってくれていた 村上の講義を聞いていた看護学生も来てくれていた

「感謝しかできないのですが、いつも見守っていたいと思います。」

「最後まで公として機能していけるようにお願いいたします。」

 

▶︎公でささえるが地域のためにみんなのために。

「地域や次の世代のために 働くので 残せるのは、人材や仕組み以外に無い」

 

■最後に村上より皆さんへのメッセージ
「あなたは間違っていない
だからこのまま続けてください
黙っていても何も変わらない
誰かがやらなきゃいけないんだから」

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:6人、室内

 

 

ひとはつながりの生き物:オキシトシンから

  • 2017.07.21 Friday
  • 21:05

ひとはつながりの生き物:オキシトシンから
オキシトシンとは、別名「幸せホルモン」と呼ばれ、人に「愛情」や「幸せ」、「安らぎ」などを感じさせてくれるホルモンである。

タッチでもでるが、信頼するだけででる。
SNSなどでもオキシトシンはでる。

だから、ひとがつながると、
幸せは人々の間に伝播する。
幸せな友人が800m以内にいると本人も幸せを感じる確率は42%アップする。

nagamori
(ささえるの副院長の橋本Drはオキシトシンの研究者です^^。
ぼくの高校時代からの親友でもあり、ずっと幸せ^^)

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、食べ物、室内

人はつながりの生き物〜アドラーから

  • 2017.07.20 Thursday
  • 18:56

人はつながりの生き物

だれかのためになることをすると、

感謝され、好かれ、尊敬される。

 

それにより、幸せを感じる

そういう共同体感覚があると、

人生の課題を解決できる。

 

だから、
覚悟と愛着を持って、
ゆるくひとつになり、
コミュニティベースで、
ものがたりをみんなで奏でていく

nagamori

(アドラーから学ぶ、つながる意味)

 

 

『人材育成と組織管理について』

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 18:53

『人材育成と組織管理について』永森

クリニックばんぶうの医療経営セミナーで話した内容です〜
ーーーーーーーーー
ささえるは、理念ばかのカリスマなきあとの組織運営はみんなでしています。
光のような理念があると、組織も人も同じ方向へ進めます。
医療事務、診療アシスタント、さらに介護看護まで一体的にカバーするセンターオフィスのことを地元のお姉ちゃん代表の博田事務長が語りました。
センターオフィスや現場は、

医療と介護を手段として、 地域のおばちゃん、おねえちゃんがつながりを大事に、

互譲互助の精神で、 たのしく笑顔で学びながら、 元気で働ける場にすることです。


1 経営企画 .2 法 務. 3 経理財務. 4 人事労務を取り仕切るバックオフィスについて、

井上本部長が語りました。
バックオフィスは、主に都市部に育ったエリート男性を育てていく部署です。

(だから、40歳定年など意識向上の仕掛けをつくる)
『おばちゃん、おねえちゃんが輝けるようにサポートし、役に立て!』
そして、ささえるグループ以外の組織でもサポートできるバックオフィスを目指しています。

 

外から見たささえる流人材育成と組織管理を片山社労士(兼、ささえるの外部理事)に語ってもらいました。
特徴は、縁故採用率の高さ!
にもかかわらず、実力主義。
賃金制度や評価制度をささえるリーダーたちが作成することで人材育成になり、
40歳定年制を掲げることで、意識の向上を目指していることが、ささえるグループの特徴です。
さいごに!
地域住民であるスタッフファースト!
つながりで成長するコミュニティビジネス 
(赤字にならない程度に稼ぐこと)
(フェアな報酬、労働形態があること)
今ある人材と資産で何ができるかを
「問題」ではなく、「チャンス」に目を向け、
常に、みんなで楽しく学びながら、進化していく。

そんな感じの話しをしてきました。


何人かの方にはインパクトを残したようです。
なにより、佐々木淳先生や金谷先生など優秀な方々に、
村上先生がいなくてやっていけそうだねと、
ささえるのことを評価していただけたことがなによりも嬉しかったです。


片山理事(社労士)という飛び道具は手前味噌ですが、すごい効果を発揮しました。

さんきゅーです^^
そして、
この準備のために、
必死になった博田、井上の二人と、
それを支えてくれたその家族を誇りに思います。


会場まで見に来た博田の娘のドキドキ顔、博田の母親の感動顔、
家で子供たちとパパの成功を願う井上の奥さんなど、

永森の家族など、
ささえるは、ささえてくれるファミリーがいてはじめて輝けるのです^^

 

みなさん、ありがとう^^

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、スーツ、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

ExO (Exponential Organization)みたいな組織へ

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 14:29

個人的に目指したいな〜という組織:
チームは規模の拡大を目指さず、
事業に合わせて、アメーバーのように色んなリソースを巻き込む
ExO (Exponential Organization)みたいな組織。

社会的インパクト投資を使いながら、
でも、その影響力の結果は資産による評価でなく、
ソーシャルイノベーションでありたい。
という、夢を見ている。


まるごとケアの家といわゆる日本型ビュートゾルフで!

なぜなら、
『まるごとケアの家』、の基本コンセプトを作った主要人物の二人が、

西村元一先生と村上智彦先生だから!

 

飛躍型組織“ExO”とは、「従業員数や規模と比べるとケタ違いに大きな影響力(あるいは成果)を生み出す組織」と定義されます。従業員が十人程度しかいないのに数千億円もの評価をされるような企業、例えば、InstagramやUber、Airbnbなど。

nagamori

画像に含まれている可能性があるもの:1人

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM