ニュー往診スタイル❣

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 15:12

札幌麻酔クリニック金谷潤子Drから:

ニュー往診スタイル

「とものむらファーム」用にイラストを頼まれて描いたら、

看板に使わなかった方のイラストをこんなステキなトートバッグにしていただいて返ってきました
井上くん、山田奈緒美さん、永森くん、ありがとうございます😊
毎日使います〜

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、靴、室内

片岡先生から 『学会の新しい楽しみ方』

  • 2018.05.05 Saturday
  • 11:39

まもる会:片岡先生から

『学会の新しい楽しみから』

4/29、4/30の2日間日本在宅医学会第20回記念大会に参加してきました。

在宅医学会の学会参加は今回が初です。そもそも学会員になっていませんでした。

普段学会に行くと、聞きたい講演やシンポジウムを聞き、

空いた時間でポスターセッションや教科書コーナーに行って、

疲れてきたところで帰るという流れでした。知り合いに会うことはあっても1人、2人程度でした。

 

しかし今回は永森さん、村上 浩明さん、齊籐 彩香さんにご挨拶に伺ったのを皮切りに様々な人との新たな出会い、ものがたり合宿以来の再会がありました。一回の参加で10人以上もの方々と繋がることができたことは大変ありがたいです。

ものがたり合宿に参加した時にも感じましたが、

今回の学会でも全国各地で想いを持って独自の取り組みで地域に貢献、地域作りをしている方が非常に多いのだなと感じました。

端的に言うと根っこの想いが似通った人が多く、励みになりました。

知識を得たことよりも様々な立場の人たちと繋がることができたことが、今回の学会では大変有意義だったと思います。

 

独立するにあたり多くの人が支えてくれて、応援してくれていることを感じて身が引き締まる思いです。

来年もまた行きたいなぁ。

『おしっこの管』札幌麻酔クリニック 金谷潤子Drから

  • 2018.05.04 Friday
  • 17:57

『おしっこの管』札幌麻酔クリニック 金谷潤子Drから

ある女性の患者さん、10年以上前から「膀胱のばい菌は無くならないから」…と尿道カテーテル留置となったそうです。
ご縁をいただいた時に情報としていただいたのは、カテーテルの自然脱落がしょっちゅうだということ。
うーん、そんなことあるかいな?
カテーテル先の風船を膨らませて膀胱に留めているので、風船が破れた時か、引っ張ってしまった時しか考えにくい。
お会いしてお聞きすると、昼間は人目が気になるので、カテーテルの先に蓋をして(写真参照)バッグは外して過ごし、夜にまた繋いでいたとのこと。
なぬ???
それはいかん。
日中は管が入っているのに尿を出せない…我慢状態。
時々、尿路感染で発熱していたとのこと…そりゃそうです。
服用していたのは不安を抑える薬数種類とアレルギーの薬。
これは怪しい。
ご家族とご本人に「おしっこの管、要らないかもしれませんよ」とお話したら、びっくりされました。
そりゃそうですね。
初めて会って何も検査したわけじゃ無い医者にそんなこと言われたら。
この方は手の細かい震えでもお悩みでした。
排尿障害も手の震えも、お薬の副作用だろうと感じました。
全ての排尿障害や手の震えが薬剤性の訳ではありませんが、原因となる可能性のある薬剤は意外に多くあります。
私は副作用マニアと言っていいほど常に薬剤の副作用を考えるのが趣味で、場合によっては副作用を利用することもあります。

さて、この方の不安を軽減する薬を少しずつ減らしていく計画を立てました。
ある種のお薬は急に止めると大きな不都合を起こすことがありますので、漸減計画が大切です。
周りの方々にもご本人にもご説明します。
順調に計画は進み、初診から40日ほど経過してとうとう管を抜きました。
まだ間に合わない漏れは少し有りますが(そりゃ10年以上管が入っていたのですから)、ご本人は尿意を感じてお手洗いに行き排尿できる嬉しさ…何よりも何も付いていない自由を喜んでおられます。手の震えも少し弱くなりました。
今まで我慢していた外出や旅行も考えたいそうです。
良い春になりそうです🌸

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

まもる会ってなんだろう?開業のご挨拶とご報告

  • 2018.04.26 Thursday
  • 10:40

まもる会 片岡先生から:

4月20日から4月22日まで北海道へ行ってきました。
目的はまもる会の皆様へ開業のご挨拶とご報告です。

以前加藤さんから「医療にたかるな」を借りて(もらって?)読んだところから、村上智彦先生、そしてささえるクリニックの皆さんのことを知り、興味が湧きました。その後村上智彦先生の他の書籍も、全てではありませんが読みました。

ソーシャルキャピタルシェアモデルという単語とその意味、また一次産業・二次産業・三次産業とそれを支える医療と介護を四次産業として、合計「十次産業」とする考え方は非常にしっくりしました。

なぜなら日々「生き辛さ」を感じている人を支えようとするとこの「十次産業」全てが必要になる場面が少なくないと感じていたからです。

 

加藤さんに紹介してもらう形で昨年夏にささえるクリニック(岩見沢・栗山・由仁・旭川)の見学、スタッフの皆さんとお話する機会を頂きました。

話を聞いて言葉を返すうちに自分の中に悶々としていた物がどんどん明瞭化し、石橋を叩いて壊すタイプの自分の背中をグイグイ押され独立開業への道が一気に開けました。

 

同じように昨年ものがたり診療所の見学、スタッフの皆さんとお話する機会を頂けたこともやはり非常に大きいきっかけとなりました。

 

日々の中で必要だと思うことを必要なだけ、必要な人に行っていった結果任意団体からNPOや株式会社の形態へと変わっていった流れが共通しており、理念や想いが根っこにあるということの大切さを実感しました。

その為独立開業するにあたって、自分の理念や想いを言語化・明瞭化し伝えていくところから始め、

一度ではなく繰り返し伝えていくことの大切さを永森さんに説かれ、常に心がけてきたつもりです

。今後も継続的に行っていきます。

初めて「まもる会」のことを聞いた時に「まもる会ってなんだろう?」

ものがたり合宿のことを聞いた時には「この会は何をする会なのだろう?自分にとって行く意味はなんだろう?」と考えましたが、

実際飛び込んでみて空気に触れ色々な人の話を聞いて、背中を押された意味がよく分かりました。

いずれも自分の目指すところのさらに先にいる人たちが集まっている場でした。

先人たちが惜しげもなく自分たちの失敗談含む経験談、価値観、知識を披露してくださったことがどれだけ自分にとって後押しになったか言い表せません。

目指すところが似た人たちが全国地域を超えて緩く集まり、学び合い、語り合い、これが広がっていくことで下の世代にも自然と波及していき、教育的なアプローチもできるのではないかなと思いました。

 

皆様藤沢にお越しの際はぜひともお声掛けください!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、井上 浩太朗さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、空、靴、子供、木、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:金田 ゆうじさん、片山 展成さん、片岡 育子さん、片岡 侑史さん、井上 浩太朗さん、花里 まどかさん、金谷 憲明さん、橋本 弘史さん、金谷 潤子さん、永森 克志さん、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物、室内

自動代替テキストはありません。

まもる会の片岡くんが開業、ココロまち〜

  • 2018.04.23 Monday
  • 16:47

シークレットのまもる会、開催しました

まもる会新人の片岡くんが開業するので、
みんなで知恵を経験を教える

気持ちでつながる大事なともだちたちの楽しい時間でした

片岡くんのところは、
医師としては、金谷潤子先生に似ています。生きづらさを全力で支える医師型。
トップとしては、一木先生に似ています。ほんわか、やや甘、型
理念の旗をしっかりと掲げる組織としては、うちに似ています。理念先行型

まもる会のいいところだけを学んで、うまくいってほしいな〜

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、画面、事務局、室内

ココロまちの片岡院長より挨拶

「生き辛い」
そう感じたことがある方は少なくないのではないでしょうか。病気以外にも様々な理由があると思います。当院は、そういった方の「生き辛さ」を少しでも少なく出来るような関わりをしていきます。しかしながら医師1人で出来ることは限られていますので、医療職や介護職はもちろん、他領域の様々な専門職の方や地域に住んでいる方の力を借りてみんなで支えていくような関わりが出来るよう尽力しようと思っています。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM