『西村先生と村上先生のコラボ企画の生まれたわけ』

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 22:44

『西村先生と村上先生のコラボ企画の生まれたわけ』

4月のマギーズ東京のあとで盛り上がった佐藤伸彦先生、青木さん、永森

二人の魂の言葉って、みんなもっと聞きたいんじゃない〜〜と!

 

アフォリズム
という形の文章を世に出したいと強く思っています。とかっこいい佐藤先生。

ズドンと来るキャッチーな言葉がいいなとバカっぽい永森^^;

 

話し合い、
写真・アフォリズム(短文)・ショート解説で行きましょうと!青木名編集長の決定!

で、ぼくが村上先生のOKをとりつけ、


西村先生からも、
『何かをまだ残したいと思っていたときの、
青木さんからの依頼だったのでぜひ実現したいと思います。
お世話になりますがよろしくお願いします!』
と返事が来て、
かんかん のコラボはスタートした。

 

そこに、
いいね〜、混ぜてくださって感謝です。と、宇都宮宏子さん

言の葉のピンポンに、途中で参加します。と、秋山正子さん

 

という豪華なメンバーが忙しい中でも、
ボランティアで参加を表明してくれました。

実はこの最中に村上の再発がわかり、
みんながさらに一つになり、
何かを残そうと励まそう。


そうやって、
まるで文化祭の前夜のような盛り上がりで、
この企画はスタートしました。

 

でも、まだまだ続くんです^^

第3回 「患者の居場所」とは・・・

「かんかん!」は医学書院が提供する、看護師のための無料webマガジン。

IGS-KANKAN.COM

 

『宝物。村上の分も歩み続けた西村元一先生でした』

  • 2017.06.04 Sunday
  • 17:40

『ふたりの関係は宝物で、村上先生の分も最後まで前を向いた西村元一先生でした』

村上が亡くなり、気落ちするかもしれないと、

不安で心配で西村先生に5月11日に報告しました。

 

でも、全くの杞憂でした。

 

西村先生からの返事です。
かっこいい。
むしろ、僕が村上のことで気落ちしていられないと励まされました。
ーーーーー
永森先生、ご連絡有り難うございました。

マギーズの当日まで持っていったうやむや感を村上先生にカツを入れてもらい目が覚めたのを思い出しました。

村上先生の言葉を胸に秘め、
出来るだけのことをやり、
村上先生の分もねばりたいと思います。

本当に長いような、短いような不思議なご縁でしたが
凄く密度の濃いお付き合いをさせて頂いたことは
自分にとって本当に宝物です!
西村元一

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内

『ものがたりくらぶ』は 弱くてゆるい絆のコミュニティーの集合体。

  • 2017.02.21 Tuesday
  • 09:55

『ものがたりくらぶ』は
弱くてゆるい絆のコミュニティーの集合体。

弱い紐帯のつよさ
つながることは信頼を生み、大きな価値を生み出します。

ソーシャルメディアで、ヒトがつながることでビジネスモデルも組織運営も大きく変わります。
フラットでゆるくつながり、資産を社会的にシェアするモデルが発達します。

そこで、『ものがたりくらぶ』のようなプラットフォームを作りました。
ものがたりくらぶは自己責任と相互互助の意志を持って参加し、メンバーにサービスを提供するのではなく、
メンバー間に共同体的なつながり、直接知らない仲間でも、知が結合してイノベーション、新しい価値を生み出すことができます。

→そのひとつが、ものがたりくらぶ出版。
ものがたりくらぶ合宿。
それからうまれた、まるごとケアの家です!!

(写真の本はKindle本でのみ購入できます^^)

画像に含まれている可能性があるもの:6人、テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

砺波では、村上先生、生着記念そば打ち大会開催!

  • 2016.12.25 Sunday
  • 22:47

村上先生、生着記念そば打ち大会開催!
今度来るまでに腕を磨いておきますー
美味いですよ!^_^

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

まるごとケアの家と半農半介護

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 15:49

いま、こんな本を半農家半介護の第一人者の高橋さんを中心に、なかまたちと製作中です〜^^
この表紙はkieちゃんの作品です。
乞うご期待を^^!

 

『“まるごとケアの家”』とは?

【定義】
医療・看護・介護・その他の社会資源を、制度の枠組みにとらわれず複合的に組み合わせ、地域で援助を必要とする者に対して日常生活の包括的なケアを適切に提供する事業の総称

 ,海涼楼茲防要なケアを、制度にとらわれず提供します
◆”要に応じ、さまざまなケアを組み合わせて提供します
 その人の毎日の生活を“当たり前”の感覚で支えます
ぁ,海涼楼茲念多瓦靴得犬るための“共同体の場”です

ァ 屬海涼楼茲僚嗣韻“自分たち”で地域を守る」ことを支えます
Α|楼茲必要なケアを、年齢・特性にとらわれることなく、持続可能な方法で提供していくことを目指します

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM